記事一覧
木造住宅は魅力がたくさん!?意外と知らない情報公開!

最近では気密性の高い集合マンションやRC造の一戸建て住宅が高い人気を集めています。断熱性能や地震による衝撃にも強度を確保できるなど、人気を集めるには相応の理由があるのは確かです。省エネ性能に優れているので光熱費を抑制することが出来るばかりか、環境負荷も小さくすることも実現します。隙間風などの心配もないので、夏場でも冬場でもエアコンなどの空調効率が飛躍的に改善され、コストパフォーマンスが高くて快適な日常生活を送ることができるわけです。 ところで日本では古来より木造住宅が圧倒的比率で採用されてきました。新たな建築素材や建築工法が開発普及されても、依然として木造住宅が相対的に高い比率を占めているのは、数多くのメリットを享受できることが経験則上明らかになっているからです。それでは改めて木造住宅のメリットを再確認しておきましょう。 まず木造は材料に木材を多用しており、柱や天井等日本的な伝統生活の基本を踏襲しています。そのため木の香りや自然の風合いを感じることができるので、誰でも落ち着くことが出来ます。木材の手触りや、持ち味ともいえる木の香りは、木造住宅ならではの魅力です。RC造などの無機質素材が中心の素材ではつめたい手触りや、香りを実感できないので木造住宅ほどの落ち着く雰囲気を実感するのは難しいといえます。 また、木材は多孔質構造をしているので、空気や湿気を適度に取り込んだり排出するなどの機能を有しているので、断熱性能や温度や湿度を調整する作用もある程度は備えています。高温多湿な夏を迎えるような場面でも温度や湿度を調整し、厳しい季節でも快適な居住性能の発揮を期待できます。木材自体も丈夫で衝撃に強いので、手入れさえ怠らなければ長期間の使用を可能にする耐久性をもっています。単純に強度で比較すれば、鉄骨などには劣りますが、筋交いや各種の工法により十分な耐震性を備えた丈夫な木造住宅に仕上げることも可能です。 そして木造住宅の大きな魅力が、リフォームするのが比較的容易で選択肢が幅広いということです。RC構造などの住宅では、構造が頑強なので大規模なリフォームは難しいのが現状です。これにひきかえ、一戸建ての木造住宅であれば、木材が素材の中心になるのでリフォームの自由度が高くなり、場合によってはより大規模なリノベーションを実践することも出来ます。築年数が経過してもリフォームを施し、新築当時の状態に蘇らせることができるのも大きなメリットであると認識されています。

2019年10月30日
オール電化住宅のメリット・デメリット紹介!停電時はピンチ?

夜間に割安な電気料金プランを利用することができるオール電化住宅は、ガスに比較して安全性が高いので導入を検討しているご家庭も多いのではないでしょうか。ガスと電気を併用する場合と比較して、本当に光熱費を抑制することができるのか気になるところです。そこでオール電化住宅にすることのメリットとデメリットを検討してみましょう。 オール電化住宅とは、空調・調理・給湯などの熱源において、全てを電気で賄うという機能を実装した住宅のことです。キッチンでは台所ではIHクッキングヒーターが使用され、日々の生活のなかで必要に給湯は深夜電力を利用する”エコキュート”などが装備されています。調理や空調などのシーンでガスと電気を併用するスタイルに比較して、いくつかのメリットがあります。 光熱費のなかでは給湯機能と暖房機能の使用コストが、最も大きな割合を占めています。オール電化住宅では、価格のやすい深夜時間帯の電気を利用して、お湯を温めて貯留しておいたり、暖房の蓄熱をするので、光熱費を経済的に抑えることができます。また単価がガスよりも安くなる、深夜の時間帯の電気を活用して夜間に蓄熱する暖房機を利用するので、暖房費もリーズナブルになります。また、ガスを利用しないで電気に一本化するので、基本使用料に関しては電気代だけの負担ですみます。 ところで、高齢者が中心の世帯にあっては、ガスを利用することは火災のリスクを高めることを意味します。調理家庭で火炎を使用するので、過熱したサラダ油などが周囲に飛散すると火災の原因になるのです。オール電化住宅では、屋内に熱源を設置しないでIHクッキングヒーターを利用するので火災のリスクも小さく、安全性にもつながるでしょう。 さらに太陽光発電を併用することで環境面でのメリットも実現します。電力の一部を太陽光発電を利用することで環境に優しい自然エネルギーを効率的に活用できます。ところがオール電化にはデメリットもあることは、実際に導入を検討するときには念頭に置くべきです。 まずオール電化住宅を実現するには、まとまった金額による初期投資が必要になる点です。蓄熱暖房機などは本体の設置工事のほかに、水道関連工事や電気工事などが必要です。いまはコストダウンが進んでいるとはいっても、相当の初期投資が必要であり、経済的メリットを享受できるとは限らない場合があります。 そして、当然のことながらオール電化にとって停電は天敵です。頻度は少ないとはいえ停電のリスクを許容できるかも判断するべき要素のひとつと言えます。

2019年09月20日
家の向きは東西南北でそれぞれ変わる!覚えておこう!

部屋選びのときには、家の向きが東西南北のどこをむいているのか、関心の高い条件の一つです。一番大きな意味合いをもっているのは、家の方角により、季節や時間帯によって日当たりが大きく変化するからです。朝方に太陽光が強く差し込む向きもあれば、反対に夕方に太陽光が差し込むというのもあります。 洗濯物の乾き具合や、日中の気温なども日当たりで影響をうけるので、家が東西南北、どちらを向いていると住み心地に大きな違いを実感する場合もあります。そこで東西南北の向きの家の、それぞれの特徴を検討してみましょう。 まず建物の向きはいかなる基準で決定されるのかを確認しておきます。一般的には住宅内部で最大の面積をとる箇所を基準に判断されます。具体的には最大開口部や主要採光部分が設置されている箇所の方角が基準になるわけです。太陽は東からのぼり南よりの軌道を描きながら、西方向に沈んでいきます。このような特性を踏まえれると南向きの物件が人気を集めることは、もっともだと言えます。 確かに部屋が南を向いていると、一日中陽光が屋内に差し込むので日中の証明の必要性は低いです。洗濯物もよく乾くので、冬は暖房費用を節約できます。しかし当然のことながら夏場は相当暑くなります。また、生活時間帯が夜中心の生活の方では、必ずしもメリットを享受できないかもしれません。 次に人気が高い東向きは、太陽が上るに従って自然光が差し込むので、快適に起床することができます。反面午後以降は陽光が差し込まなくなり、肌寒さを感じることもあるでしょう。 西向き物件の場合は、東とは逆になるので午前中は太陽光を期待出来ませんが、午後から夕方の時間帯にかけて太陽光がさしこみます。冬などの寒い季節でも、西日のおかげで比較的快適に過ごせるメリットがあります。しかし西日はしばしば強烈で、クロスや家具などの日焼けの原因にもなりえます。 北向きは日当たりという切り口でみれば劣位にありますが、家賃が割安になっているのがメリットです。生活時間帯が夜がメインの生活のライフスタイルの方は、日中の日当たりはあまり考慮するまでもなく、あえて北向きを選択する方もいます。 ところで東西南北は風水においては、特別な意味をもつと考えられています。とりわけ風水で注意するべきとされているのが鬼門です。風水の元になる北東を表鬼門、反対側を裏鬼門とよび、水回りを鬼門に設置することは御法度とされているのです。信じるかどうかは個人の価値観ですが、風水は相当の歴史をもっているので参考にはなるといえます。

2019年08月26日
家からゴキブリを消す方法をご紹介!【害虫対策完全版】

ゴキブリといえば、衛生害虫の象徴的存在とも言われており、姿を見るのはおろか、その名前すら耳にするのも勘弁ねがいたいとの所感をお持ちの方も少なくありません。衛生害虫と言う名前には、食中毒の原因となる病原性微生物の運搬役という意味だけでなく、精神衛生的にも有害との意味が含まれています。平たく言えば、ゴキブリの姿を目撃した時の恐怖や不快感をあたえ、精神的にストレスを与える存在との共通認識が存在しているわけです。出来れば姿を見たくない、そんな希望をお持ちの方に、家ですぐに実践できるゴキブリを中心にした害虫対策を御紹介します。 まずスパイスの香りを活用した、身体にも優しい侵入防止策からご紹介しましょう。害虫対策の一環に有力なのは、害虫が嫌う臭いを活用する方法があります。肉や魚介料理のスパイスに利用されることの多いクローブですが、クローブの臭い成分のオイゲノールという成分が害虫が嫌忌する傾向があるとされています。クローブをお茶パックにいれて設置するだけでも予防効果を発揮します。ただし1-2ヶ月ほどで効果が切れるのでクローブ入りお茶パックの定期交換は必須です。ハーブのハッカのエッセンスを凝縮したハッカ油もゴキブリは苦手です。100mlの水にハッカ油を20滴ほど混ぜたものを出没場所にスプレーするのも予防になります。侵入してしまったゴキブリには積極的に駆除剤を駆使して、可能な限り撲滅に努めることが必要になります。 その家に住む人の体への有害性を気にする必要が無い点でおすすめなのは、ホウ酸を活用した方法です。ホウ酸は眼病の治療にも活用されるほど人体への安全性が高いものですが、ゴキブリに対しては優れた殺虫効果を発揮します。ホウ酸に接触しただけでも駆除することが出来るので、安全かつ効率的に害虫対策を可能にするわけです。駆除剤として利用するにはホウ酸団子がおすすめです。 ホウ酸をたべたゴキブリが巣に帰ることで他の個体にも有効成分が連鎖するので、巣の個体を根こそぎ根絶する効果を期待できます。団子のレシピは、ホウ酸100g・小麦粉30gに、嗜好性を高める為に砂糖大匙1、小ぶりの玉ねぎ1個をすりおろしたもの、水適量を用意します。あとはこれらの素材を混ぜ合わせて団子状にまとめれば完成です。ただし作るときには皮膚が刺激をうけるリスクがあるので手袋を着用のうえ作業してください。あとはゴキブリが出没する場所に、ホウ酸団子を適宜置くだけですが、薬効が切れてくるので定期交換をわすれないでください。

2019年08月11日
寝具には徹底的にこだわれ!睡眠は暮らしの最優先事項

人間の三大欲求は食欲と性欲、そして睡眠欲とかねてより指摘されてきました。毎日のストレスを解消し明日の鋭気をやしなうために、良質な睡眠をとることは、健康で快適な日常生活を送るための基本的条件と認識されています。良質な睡眠とは睡眠時間だけでなく、疲れを緩和するだけのクオリティを備えていることが重要です。良質な睡眠を実践するための方法論として、かねてより色々な方法論が提唱されてきました。覚醒効果のたかいカフェイン類の摂取は就寝前を控えたり、身体の緊張をほぐし就寝しやすいコンディションを整えるべく、適切なタイミングを見計らってぬるめの風呂に入るなども有力な選択肢です。ただ睡眠時間を過ごすのは寝具のなかでのことです。 睡眠時の快適性を確保するには、寝具のあり方が重要で、そこを見直すことによって、ストレス解消や適切な睡眠時間の確保に役立っているのかを再点検することができます。具体的には、最優先事項としてベッドのサイズや素材・枕や布団が、自分にあっているのかを確認していきます。そして場合によってはお金をかけてでも見直す姿勢が求められます。 就寝するスタイルには大別すると、ベッドを利用するか布団を直接敷くかの二つに分かれます。ベッドで寝る方は、適度なクッション機能と身体のサイズにあったものを選ぶことです。ベッドのクッション部分は適度に身体を受け止めると同時に、全身バランスを崩さない機能も発揮しています。クッションが硬すぎると寝心地が悪くなりますが、だからと言って体が沈みこんでしまうほど軟らかいと、腰に負担が集中し腰痛の原因となってしまうこともあります。 布団は身体を直接包む寝具なので、素材選びにもこだわりたいものです。掛け布団なら吸湿性・保温性や全身へのフィット感や肌触りが最優先事項で、快適な寝心地を得るためには、定期的に太陽光にさらして干すこともポイントと言えます。また仰向けで寝る場合に、枕を使用することになります。枕は単に就寝中の頭をのせるだけでなく、効率的に疲れを緩和するにも、重要なアイテムです。 枕選びを間違えると、ストーンネックという状態になり疲れが取れないばかりか、肩こりや頭痛などの症状に悩まされることもありえます。枕にこだわりがない方でも、起床時に疲れが取れないと感じるときは、お金をつかってでも枕を変えることも検討するべきでしょう。良質な睡眠で疲れを緩和するには寝具には厳しい目線を持ち、自分にあったベッドや布団・枕などを探し出すことが重要です。

2019年07月23日
家の太陽光発電は電気代の節約になる?メリットデメリットを紹介

太陽光発電施設の全世界での発電量は300ギガワットをこえ、電気供給に占める割合は増加を続けています。先進国だけでなく途上国においても普及が進んでいるのは、発電中にCO2を排出しないという環境負荷への優しさと同時に、ソーラーパネルや周辺デバイスの小型化が進み、僻地での電気利用にも向いているからです。CO2の影響による気候変動を食い止めるために、そして場所を問わず電気の利用を可能にする点が世界中で普及に傾注している理由です。身近な場所でもソーラーパネルを目にする機会が増えましたが、案外基本的な仕組みなどは知られていないのでは無いでしょうか。そこで太陽光発電の仕組みやメリットとデメリットを検討してみましょう。 太陽光発電とは、ソーラーパネルに太陽光を当てることで発電機能を発揮するというものです。ソーラーパネル自体はセルとよばれる微細な半導体を敷き詰めたものです。半導体に光を照射すると電気が生まれる光電効果を利用することで発電させる仕組みになっています。マイホームに設置するときは一般的な10KW未満の発電能力の場合は、発電した電気を家庭で利用し、余剰分を電力会社に売電します。電気を消費するだけでなく余剰分を売電できるので、電気代を節約することが叶います。節約すれば現金収入に回せる部分も増えるのは大きなメリットと言えます。 さらに蓄電池を併用すればソーラーパネルで発電した余剰電力や、値段の安い深夜電力を充電できるので、一層多くの電気代の節約を期待することもできます。電力会社に売電する仕組みは、固定買取制度(FIT)というもの。FITの導入で事前にシミュレーションをすることで、初期費用を投下すれば収益につながるかどうかを調べたり、長期的な資金計画が立てやすくなっているのもメリットの一つといえます。 蓄電池と併用することで、より効率的に太陽光発電を可能にしますが、デメリットもあります。まず初期費用が依然高額で、設置費用を回収して損益分岐点を迎えるまでに長い期間が必要なことがあります。特に蓄電池は高額なためマイホームに設置するには、コスト面で課題が残っています。そして太陽光を利用するので、天候や気温で発電のパフォーマンスが左右されるので、主要な電力源として利用するには安定性にかけることです。雨や曇りなどのときはもちろん、高温の環境下では発電効率が低下します。ソーラーパネルを設置した後も最大限に発電できるようにメンテナンスを怠らないことが大切です。

2019年07月05日
一戸建てに住むのはデメリットが多い?意外な苦労とは?

マンションなどの集合住宅では何気ない動作のひとつが隣人や階下の住人にとって迷惑行為にとられる可能性があるので、トラブルを回避するために相当気をつかう生活を余儀なくされます。賃貸マンションの場合は壁面が薄くRC構造などが採用されていない場合もあるので、生活音がよく伝わる仕様になっていることもあります。育ち盛りの子供さんがいるファミリー世帯では、うるさ型の隣人が住んでいれば毎日薄氷を踏む思いで子育てに取り組んでいるのではないでしょうか。 堅苦しいマンション住まいに疲れた方に、一戸建て住宅は高い人気が集まります。隣近所に住まいがあるとしても、集合住宅ほどの生活上の制限をともなうことはないので、子育ても気兼ねなく取り組むことが叶います。ところが一戸建て住宅を購入して生活を始めてみると、案外デメリットの多さに気付くものです。 まず一戸建て住宅は多かれ少なかれ、近所付き合いが必須です。近所付き合いを疎かにすると、白眼視されて何かと肩身の狭い思いをして苦労するでしょう。関連して問題になるのが町内会へ加入するか否かの問題もあります。町内会とは任意の互助組織にすぎませんが、加入しないとゴミ捨て場の利用を拒否されて、遠方の処分場に自ら搬入しにいく必要にせまられることもあります。 そして一戸建て住宅では、外壁や庭・エクステリアなどの掃除をしないと、どんどん汚れが蓄積し劣化が進行します。最低でも年に一回大晦日の大掃除の手間は必須と認識されています。ただしいくらこまめな掃除に努めていても、老朽化は進行しメンテナンスのための修繕費の工面が必要なのもデメリットといえるでしょう。 外壁などは素材や塗料の機能性などにも左右されますが、紫外線や厳しい気候にさらされている場合は老朽化が激しく、10年に一回程度を目安に再塗装などのメンテナンスが理想的と言われます。また、屋根材なども消耗しやすい箇所なので、雨漏りの修繕費などがかかるリスクもあります。 そして一戸建て住宅を所有することの苦労の多くは、住宅ローンや税金などのお金の問題です。住宅ローンはマンションで支払っている家賃と考えれば、いつかは資産になることも考慮すれば納得できるかもしれません。 しかしながら固定資産税などの税金は住宅ローンの完済に関係なく毎年支払う固定費です。立地条件がよければ固定資産税の負担も馬鹿にならない金額になります。 このように、一戸建て住宅にもデメリットはあることをふまえて、マイホーム探しをするのがポイントです。

2019年06月18日
タワーマンションの共用設備は活用すべき!生活が変わる!

東京都23区を中心に建設が開始されたタワーマンションは、現在では首都圏にかぎらず地方の大都市部でも建設されるようになりました。都市再開発の事業の一環として建築されることも多いようですが、現在ではその高い人気が意識されて、日本全国で盛んに建築が進んでいます。法律で明確な定義はされていないものの、タワーマンションとは一般的には60m以上の地上高を持つ高層建築タイプの高級マンションのことをいいます。 高層ビルの形態をとることがあり、時には地域のランドマークとして認識されていることもあります。なかには東京都豊島区のように、役所庁舎としての機能も併せ持ったタワーマンションも登場しています。交通アクセスも非常に良好で、駅に直結していたりターミナルステーションからも徒歩10分以内に立地していることもめずらしくありません。 タワーマンションのメリットは高層階の遠大な眺望や、防犯カメラやダブルオートロック仕様などの高い防犯性能などを指摘することができますが、とりわけ大きなメリットには共用設備の充実振りにあります。共用設備とは一般的には、エレベーターや駐車場などを意味します。しかしタワーマンションにおける共用設備は様相が全く異なり、フィットネスジムやシアタールーム・保育園などがデフォルトで完備されているのです。シアタールームは映画鑑賞などの趣味や娯楽の時間に、大画面で好みの作品を楽しむことが実現します。フィットネスジムを活用することで外出する手間もなく、便利に運動ができて毎日の生活を充実させてくれるでしょう。 都市部では子供を預かってもらえる保育園をさがすのも一苦労ですが、共用設備に保育園が含まれていれば、送迎のための時間が不要で便利で快適な子育ての時間を確保することも可能です。なかには屋内プールを保有するタワーマンションも展開しています。高階層からの眺望を眺めながら、プールで過ごす時間は快適で娯楽の時間と評価しても過言ではありません。充実したタワーマンションの共用設備はいずれも一般的マンションでは想定できないもので、まさに特権と言うことが出来るでしょう。 いわばタワーマンションは一つの街を形作るといえるほど、共用設備をはじめ各種の施設や設備が用意されています。通常それらのサービスを利用するには、相応の出費と時間が必要です。ところがタワーマンションではこのような煩わしさを感じることなく、自分ながらのライフスタイルを送ることが出来る特権を手にしている訳です。

2019年06月06日