• ホーム
  • タワーマンションの共用設備は活用すべき!生活が変わる!

タワーマンションの共用設備は活用すべき!生活が変わる!

2019年06月06日
きれいなキッチン

東京都23区を中心に建設が開始されたタワーマンションは、現在では首都圏にかぎらず地方の大都市部でも建設されるようになりました。都市再開発の事業の一環として建築されることも多いようですが、現在ではその高い人気が意識されて、日本全国で盛んに建築が進んでいます。法律で明確な定義はされていないものの、タワーマンションとは一般的には60m以上の地上高を持つ高層建築タイプの高級マンションのことをいいます。

高層ビルの形態をとることがあり、時には地域のランドマークとして認識されていることもあります。なかには東京都豊島区のように、役所庁舎としての機能も併せ持ったタワーマンションも登場しています。交通アクセスも非常に良好で、駅に直結していたりターミナルステーションからも徒歩10分以内に立地していることもめずらしくありません。

タワーマンションのメリットは高層階の遠大な眺望や、防犯カメラやダブルオートロック仕様などの高い防犯性能などを指摘することができますが、とりわけ大きなメリットには共用設備の充実振りにあります。共用設備とは一般的には、エレベーターや駐車場などを意味します。しかしタワーマンションにおける共用設備は様相が全く異なり、フィットネスジムやシアタールーム・保育園などがデフォルトで完備されているのです。シアタールームは映画鑑賞などの趣味や娯楽の時間に、大画面で好みの作品を楽しむことが実現します。フィットネスジムを活用することで外出する手間もなく、便利に運動ができて毎日の生活を充実させてくれるでしょう。

都市部では子供を預かってもらえる保育園をさがすのも一苦労ですが、共用設備に保育園が含まれていれば、送迎のための時間が不要で便利で快適な子育ての時間を確保することも可能です。なかには屋内プールを保有するタワーマンションも展開しています。高階層からの眺望を眺めながら、プールで過ごす時間は快適で娯楽の時間と評価しても過言ではありません。充実したタワーマンションの共用設備はいずれも一般的マンションでは想定できないもので、まさに特権と言うことが出来るでしょう。

いわばタワーマンションは一つの街を形作るといえるほど、共用設備をはじめ各種の施設や設備が用意されています。通常それらのサービスを利用するには、相応の出費と時間が必要です。ところがタワーマンションではこのような煩わしさを感じることなく、自分ながらのライフスタイルを送ることが出来る特権を手にしている訳です。