きれいなマンションの部屋

最近耳にする機会が増えた言葉のひとつに、ライフハックというものがあります。この言葉自体が口にされるようになったのは2004年頃の時期とされており、米国の技術ライターのダニー・オブライエンの考案によります。

ライフハックの言葉の起源は、技術に関してのマニアやディープな専門家のなかでもトップクラスのパフォーマンスをたたき出す方々の、驚異的なほどの生産性の高さの秘訣として考案された数々の方法論にあります。日本国内では1年遅れて2005年頃より、技術者を中心に注目を集めるようになりました。

具体的には自身の仕事だけでなく生活の実践する場面において、スタイリッシュでもっと快適で、労力を投じることなく効率的に成果を得ることの出来る方法論を探求することに特徴があります。これをコンピューターやシステムを効率的に解析し、体系化していったものがLifeHackと呼ばれるものです。

元来はコンピューターのシステム開発や管理の場面で使用されていたものが、その考え方を日常生活に反映したのが今日頻繁に口にされるようになったライフハックになります。ライフハックにおける基礎的方向性には、生活が充実するという意味合いを持っています。日常ではありふれた知識や情報であっても、従来の常識では注目されていない方法論を再認識し生活に役立つ知識や裏技に活用するという特徴があります。

一人暮らしでは家事は、休日の時間を潰してしまうばかりで、労力も必要で負の面ばかりが意識されるのが現実です。そんな状況もライフハックの発想で、家事を快適に実践することができれば、これまで面倒な場面もはかどるので効率的な時間の使い方のために役立つのは明らかです。一人暮らしの場面でライフハックを知ることと実践することで、より快適に過ごせるということになります。

一人暮らしでは日常生活では基本的に必要な手間はすべて自分でこなすことになり、効率的にタスクをこなすことは快適に生活を送ることと同義と言えます。自分では苦手な作業もライフハックで裏技の情報を取得することで、もたついていた手間もはかどることで、時間に余裕も見出すことが出来るでしょう。その時間を活用して趣味や休養にあてる時間も増えるので、余裕をもって毎日の生活を送ることにつながります。

ライフハックは、本来はコンピューターのシステム開発の場面での利用をこえて広く日常生活を快適かつ充実させる実践として重視されています。